ブログ一覧

ブログ一覧

次年度入園希望者説明会 開催について

9月23日(水)の入園希望者説明会は

予定通り実施致します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

換気を行い、座席の間隔も広くさせて頂きます。

お越しの方もマスクの着用、

玄関にて消毒のご協力をお願い致します。

 

また、託児の定員につきまして、

まだ余裕がございます。

お電話にてお問い合わせください。

 

19日(土)〜22日(火)はお休みとなります。

よろしくお願いします。

今年度の同窓会について 卒業生のみなさんへ

今年度の同窓会についてお知らせします。

日時:9月30日(水)

15:30~開催(例年と開始時刻が違いますのでお気を付けください)

※晴天時は園庭での同窓会と致します

※マスクをしてご参加ください

久しぶりに会える子ども達と楽しい時間が過ごせるよう

ゲームを考えておりますので、是非ご参加ください。

 

尚、保護者の方の密を回避する為、

保護者の皆様におかれましては、

できるだけお子様の送迎のみでお願いします。

終了予定時刻は16時40分となります。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

また、今年度の運動会は在園児のみの種目とし、卒園児の競技は中止とさせて頂きます。

楽しみにして下さった方々、申し訳ありませんが、

どうかご了承ください。

 

職員一同、楽しみにお待ちしています!!

みたままつりについて

明日のみたままつりは

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、

在園児のみの行事とさせて頂きます。

 

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

次年度入園希望者説明会について

令和3年度の入園を考えていらっしゃる方を対象とした説明会を

9月23日(水)13時半から、及び、15時からの2部制で

開催予定です。

新型コロナウィルス感染拡大防止の為、

今年度は規模を縮小し、各回託児の定員を30名までとさせて頂きます。

ご予約は7月1日(水)9時より、お電話にて承ります。

※午前中は保育時間となる為、電話対応が遅れる場合がございます。ご了承ください。

※託児は来年度入園予定のお子様のみとなります。

季節外れの、、

連休明けのいいお天気の日。

休園が続き、静まりかえった園庭を

整備のため見回っていると、、

園庭奥の桜の木の枝に、なにやらピンクの影が見えました。

近寄ってみると、そこには綺麗に咲いた6輪の桜。

思わず、「なんて季節外れな、、」と口にしてしまいましたが、

他の桜たちとは全く違うタイミングで、

凛と咲いた6輪の桜は

「見て!!咲いたよ!!」と言わんばかりに、どこか誇らしげに咲いているように見えました。

みんなと同じタイミングじゃなくても、少しずつ少しずつ確実に成長していた桜のつぼみ。

思わず「頑張ったね」と声をかけてしまいました。

人間も同じですね。

大人も子どもも、それぞれのタイミングで色々なことを感じながら成長し、自分なりに成長していきます。

 

今回は、休園中のため、子どもたちに桜を見せることが出来ず残念でしたが、

四季を存分に感じられるこの広い園庭で子どもたちと色々な発見をしながら過ごす日常が早く帰ってきてほしいと切に願います。

 

運動会は、雨の影響のため15日(火)に延期します。

諸事情により、申し訳ありませんが、未就園児の競技は、行いません。

受付で記念品をお渡し致しますので、どうぞ、お申し付け下さい。

園のご案内を更新しました。

園のご案内を更新しました。
是非ご覧ください。

セルフカウンセリングを更新しました。

セルフカウンセリングを更新しました。
是非ご覧ください。

園長からのメッセージを更新しました。

園長からのメッセージを更新しました。
是非ご覧ください。

お母さん方へ

日頃の子育て、お疲れ様です。
子育ては本当に大変ですね。
大変さの要因のひとつはお手本とする、言わば教科書がないからです。
いわゆる「HOW TO」本はどれを選んでよいのかわからないほど、たくさん出版されていますが教科書というべき物はありません。
それは、どうして?でしょうか?

子どもの成長には個人差があり、またそれぞれに個性、キャラクターがことなるのですから、作りようがないのです。そう、例えるならば、「1+1=2」と固定されている訳ではなく、それはどんな数にでも成り得るからです。
だから、完璧な子育ては難しいこと、不可能なこと。
つまり、間違えていいんです。失敗することの繰り返しで、大丈夫なのです。

そこで、お願いです。
たとえどんなことがあっても、絶対にご自身を責めないで下さい。
私の知る限り、自分を責めて良いことは何もありません。 失敗したら、反省してそれを今後に活かしていけばいいんです。
むしろ、孤軍奮闘されて頑張っている、私をほめてあげてほしいのです。 どうか、どうぞ、自分自身に優しくしてあげて下さいね。 そうすると不思議なもので、子どもにも優しくなれますよ。
だから、みんな幸せ!
いいと思いませんか?

ページTOP